<< ぼやけて見えた輪郭 | main | 覚悟を決めろ。終わりは遂に私の背中に張り付いた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.07.25(Wed)
- / -
空なんか見上げても、何も変わらないの。
私がキレイなものを拒絶するのは信じられないから。
真実を真実だと思えないから。認められないから。

死ななくてもいい人間が殺される。
死ななければならない人間が生きる。
世の中の現実。

なんで、と考えると思考がどろどろと粘度を増していくのがわかる。
心が黒ずんでいくのがわかる。
そして私は笑う。
「あいつが死ねばいいのに」

いらないものは即削除。
嫌いなものは絶対拒絶。

きっと私は酷くなりすぎた。
心を尖らせすぎた。

だから真実を拒絶で貫いてしまう。引き裂いてしまう。

神様をこの手で潰してしまうこの行為は、背徳。
神様は私を憎む。だから私は愛されない。

諦めたんじゃなく、自分から突き放した。
私はいつも自分で壊して、手放して、捨ててしまう。

認める恐さと、頷く素直さ。
それを手にしてしまうと、自分がたちまち弱くなる気がして、開きかけた手をまた握りしめてしまう。

元々弱かった私だから、弱さに怯えるのなんておかしいのだけれど。
これが精一杯のプライドだから。

私を殺すのは、一体誰になるのだろう。
通り魔?病気?悪意?
第一候補は「プライド」だなんて、おかしいかなぁ?

嗚呼でも。
のうのうと生きてる私に、だれか終止符を打ってくれないか?

ここで終わるのなら、それでもいいの。

2007.07.21(Sat)16:33
comments(0) / -
スポンサーサイト
2007.07.25(Wed)
- / -
COMMENT
WRITE?